歯から印象が決まる歯科医院でキレイな見た目に

治療技術の進化

「審美」的な視点に立った治療

 今日の歯科治療で重要視されていることとは、「美しく治療する」と言うことです。従来の歯科治療は、「虫歯治療」が大半を占めていました。「歯」を削り、金属を被せるのが「歯科治療」であったと言っても過言ではありません。「治療すれば良い」と言う視点で治療が行なわれていたため、「歯」の美しさ等は考慮されていなかったのです。  今日では、「美しい歯」への憧れが強まり、多くの方が「ただ治す」から「美しく治す」治療を求めるようなってきました。このような流れとともに、歯科医療の現場でも治療前のインフォームド・コンセントを通して、1人1人の希望を取り入れるようになっています。治療の中心は、「患者」であり、歯科医師はその要望を最大限応える様な治療を行なうことが求められているのです。

審美治療を受けるためには

 歯科治療に「審美性」が求められるようになった今日、「審美歯科」治療を行なう歯科医院が増えてきました。従来、審美治療については、「審美歯科」が専門に取り扱っていました。専門の「審美歯科」が増えると共に、一般の歯科医院でも「審美的な治療」を行なうようになっています。通常の「虫歯」や「歯周病」等の治療と共に、審美治療を行なうのです。  専門の「審美歯科」では、口中のトータルバランスを考えた治療が行なわれています。ホワイトニングはもとより、歯列矯正、セラミック治療等、様々なニーズに応じた治療が行なわれています。多くの医院では最新の設備を備え、安心して治療を受けることが出来ます。一方、一般歯科医院で行なわれている治療は、審美歯科専門医よりも多くはありません。しかし、かかりつけの歯科医が治療を行なっている場合や、また、自宅から通いやすい場所に立地している場合が多いので、気軽に治療を受けることが出来ます。

Copyright© 2015 様々な方法で口内トラブルを解決し、健康な歯を手に入れる All Rights Reserved.